慢性疲労とその損失

ストレスも疲労につながる

ストレスによる疲労も自律神経の負担によるものです。
ストレスは自律神経を刺激し、身体を常に緊張状態にさせます。すると、自律神経をコントロールしている脳に負荷がかかり、脳は大量の血液と酸素を欲し、酸素消費量が増加します。
それに反応して活性酸素が大量に発生し、体内の神経細胞が傷つくのです。
これによりパフォーマンスが低下、これこそがストレスが疲労につながるメカニズムなのです。

慢性疲労全体によって引き起こされる日本における経済損失を文部科学省疲労研究班が算出したところ、年間約1.2兆円に及ぶことが判明、慢性的な疲労は医学的な観点のみならず経済的損失という観点からも大きな社会問題であることが明らかになってきています。

「疲労」は、「発熱」や「痛み」とともに3大生体アラームと呼ばれ、身体のホメオスタシス(恒常性)の乱れを知らせる重要な警報信号の一つ

​睡眠 食事 軽い運動 

もっとも疲れやすいのは自律神経

疲れのおおもとは過剰な「活性酸素」

営業時間

午前  9:00~12:00

午後 14:00~20:00 

お休み 

木曜・祝日・水曜午後 

クレジットカードご利用可

当日のご予約取得はお電話がお勧めです。

VISA / MASTER / AMEX / JCB/QR決済

iD/交通系電子マネー/QUICPay/Apple Pay/ paypay

  • Instagramの社会のアイコン